2007年07月11日

パターの打ち方・・

先週?、一緒にレッスンを受けた方が、こんなやり方の真っ直ぐに打つ練習を岡本コーチに言われされていました。(私はパターした持って行ってなかったので無理でしたが・・・)
 
 入らないというときに「打ち方の工夫がたりない」以前、今井コーチに言われ「工夫?、はぁ」そんなこといわれても、他のクラブと一緒こう打つしなぁと言われたのを思い出しました。。。。
 
 パターは、ラインをまたいで打つのはルール違反ですが、それ以外は別に打ち方の決まりはないとのこと。例えば、「グリップを短く持っても構わないし、パターは長いのもあるでしょう。膝や下半身を固定する方法もある」と確かに短く持ったり、内股にすると確かに膝が動かない。。。

 確かに先日の練習で少し試せたので、もう少し試してみよう・・・

 ラインをマタイでのパットは違反らしいですが、他はOKとのこと、どうやって打つか?????・・・・・
posted by 忍者 緑影 at 23:50| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 2回続けてパターのお話ですね。ここからアプローチに行けば上達への最短コースという話も有ります。
 「どうやって打つか?」。色々な形が有るので難しいテーマですが、私のお勧めは「内藤雄士の500円で必ず上手くなる パッティング―ストロークの基本を知って絶対カップイン! 」です。基本にも沿っていて、写真も多く分かりやすいと思います。

 また、5月7日の自ブログで「ヤード・スティック」でのレッスンとパター調整などをアップしていますので良かったら参考にして下さい。
 その後、CS衛星放送のゴルフチャンネルで放映されている内藤コーチのレッスンでフェースバランスでないパター(私のも緑影さんのパターもそうです)について下記のアドバイスが有り、これを付け加えて家での転がしと8ボール練習をしています。
(1)ボール位置は通常の左目真下ではなく左眉の真下
(2)完全にフェースが正面を向いたままではなく、テイクバックではフェースが自然に開いて行き、ダウン(というかインパクトに向かっては)フェースが自然に閉じられて行く。インパクト前はややオープン。インパクトは正面。その後はややクローズ

 
Posted by LinksDream at 2007年07月12日 19:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

パターが最高によかった
Excerpt: 打感がいいですね。これならショートパットをはずす心配が減ると思います。商品はすぐに届きました。打感、グリップの質感が最高です。なんと云っても、方向性が抜群に出しやすい。オデッセイのホワイトホットのニュ..
Weblog: クラブがすごくよかった
Tracked: 2007-08-05 03:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。